東京エンボス工業株式会社 神奈川県相模原市 金属サイディング用エンボスロール製作・銅内装材制作

金属サイディング用エンボスロール

純銅製内装材
その他純銅製品
真鍮製内装材
アルミ製内装材

会社概要
お問い合わせ
プライバシーポリシー
リンク

東京エンボス工業株式会社 エンボスロール 金属サイディング用エンボスロール
金属サイディング用エンボスロール
 エンボス柄ロール
凹凸一対の特殊彫刻ロールで各種金属板その他に、意匠・機能デザインの立体模様加工を施します。

 弊社製エンボス柄ロールの特徴
・弊社独自製法により凹凸両方のロールに焼入れ加工ができますので耐久性に優れ、加工材異常挿入等による破損(キズ、ヘコミ等)に対するリスクが大幅に軽減されています。

・表現力に優れ、柄デザインの細かいディテールまで表現できます。

・国内、海外の金属建材メーカー様・他に多数ご採用いただいております。

・多くの経験と実績に基づき、お客様のご希望の柄深度・使用加工材料・用途などの諸条件を考慮した上で、最適な柄ロールを設計、製造致します。

・柄デザインにつきましては、エンボスロール専門デザイナーがデザイン制作のお手伝いをさせていただきます。

・デザイン制作〜ロール製造まで社内で一貫して行なっておりますので短納期を実現しています。

 仕様
・ロール径     パイ150〜500mm
・ロール面長    150〜1500mm
・柄深度      〜6mm

※諸条件により変わりますので詳細はご相談下さい。

 「意匠柄と成型部柄」という考え方
金属サイディングに代表されるように、製品表面には一定以上の柄深度を持たせ意匠性を高めつつエンボス加工板の両側部を成型加工する必要がある場合、同一のエンボス加工板に加工性という面で矛盾が発生することになります。即ち成型加工部に意匠柄が存在することにより、往々にして安定した成型加工の阻害要因となってしまうことです。

この問題を解決するのが「意匠柄と成型部柄」です。
弊社製エンボスロールは必要に応じて「魅せるための意匠柄」、「加工を容易にするための成型部柄」という区別をし、成型部には独自の成型加工が容易な柄を配しております。これにより意匠柄の深度が5mmを超えるような「超深絞り」の金属サイディングも、安定した成型加工ができるようになりました。

特許第335090号
「エンボス加工を施した金属板及びエンボス加工型」

特許第3985854号
「エンボス加工された装飾板」

上に戻る

COPYRIGHT(C) 東京エンボス工業株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.